こんにちは
アラサー部長です。

人気ブログランキング初登場4位です!

一日100PV達成をきっかけにはじめたブログランキング
読者の皆様のおかげで、なんと!!

客室乗務員カテゴリ4位に入ることができました!
2016-08-18_13h59_46
みなさま、なんて優しいんだ・・・
ただでさえ役に立つような記事は書いていないのに。

読んでいただけるだけでなく、「クリック」という手間をかけていただけるなんて!

・・・もうこうなったら、1位にしたくなっちゃいません?
よかったら今日もワンクリックお願いします!

客室乗務員 ブログランキングへ

稲川淳二風CAブログの効果か?!

6iFKEqDwndJ4tdk1471497930_1471497952
もしかして、こんなこと書いちゃったからですか?

昨日の今日でアレなんですが、霊感ゼロなのでもうネタないです・・・。

ひとつだけ、セントレア近くの某ホテルの話。

入ると必ず腕時計が止まる部屋がありました。
最初は「あれ?電池が切れたかな?」と思うんですが、部屋を出ると再び動き出す。

あの部屋はなんだったんでしょう。

年間100泊以上のホテルステイ

dc86fd87c58e5f8b2a9e2fd41d4f2790_s
怖い話はともかく、CAの仕事とホテルは切っても切れないものです。

国内線のみに勤務している新人時代は、月に12泊くらいは普通。
年間だと12×12=144泊!

こうなってくると一人暮らしの場合、自宅の家賃を払うのがバカらしい。
若いCAさんたちはルームシェアしている子も多いみたいです。

さて、日本中・世界中のホテルに宿泊するCAですが会社が決めた1泊の予算はどこでも同額。

物価の安い国だと、治安の問題もあり超高級ホテルに泊まれたりします。
逆にヨーロッパやアメリカ、国内の大都市は・・・。

ホテルの部屋に入る前は


海外のホテルでは部屋につくとまずスーツケースをドアストッパーにしてドアを開けっ放しにしたまま部屋の中をチェックします。

それは、中で待ち伏せしている人がいるかもしれないから!
(実際に過去にそういうことがあった)
スーツケースでドアを開けておくのは逃げ道を確保するため。

ベッドの下も見ますよ。

霊なんかより生きてる人間が結局一番怖い、という話。


では